K氏こと加藤暠が般若の会を結成


仕手株研究所TOP 仕手株 デイトレ 勝負株 IPO テーマ株 用語集










【最新ニュース】
2015年3月11日、運営するサイト「時々の鐘の音」に株価を吊り上げる書き込みをしたとして、「般若の会」の関係者先を証券取引法違反(風説の流布)の疑いで強制捜査したの報道がありました。加藤暠氏が仕手筋として再び活動を開始していたことは証券関係者や投資家の多くが知っていること。なぜ、日本カーバイド工業を推奨銘柄として紹介してから動きが見られなかった般若の会を捜査したのか、様々な憶測が広がっています。脱税や政治家、暴力団との関係などを指摘する声もあり、証券取引法違反はキッカケとも考えられているようです。銀座で1億円を落としたことでも有名になり、「政治家に渡すカネだった」と話したとされている加藤氏ですから、大きな問題にならないか注目です。また、強制捜査が入ったのが東日本大震災が発生した3月11日というのは偶然ではないでしょう。



現代版の「金のなる木」とは「般若の会」が手掛けている仕手株ではないでしょうか。般若の会が本尊で介入しているK氏銘柄は空売りを踏み上げながら株価が上昇していく!
連戦連勝の「兜町の風雲児」加藤暠氏が率いる般若の会が新規の会員募集をスタート「時々の鐘の音」のホームページで公表した銘柄は全て上昇、般若の会が本格始動することから、投資家だけでなく金融マスコミ関係者も「般若の会」の動向を警戒しています







【「兜町の風雲児」と呼ばれた加藤暠氏が般若の会を結成して本格復帰】

誠備グループ(仕手筋・投機筋)を率いて「兜町の風雲児」と呼ばれた加藤暠(かとう あきら)が株式市場に復帰したということで、証券業界に衝撃が走っています。「泰山」での復活から8年が経過した2011年、「般若の会」を立ち上げました。黒川木徳証券の歩合外交員から、政治家や笹川良一等の相場師にも認められる日本を代表する相場師となった加藤暠氏、阪神淡路大震災後に「新しい風の会」を立ち上げ、兼松日産農林の株価を大量に積み上がっていた空売りを踏み上げ、追い証(追加保証金)、仕手株(監理銘柄)となり株価は13倍以上に暴騰(大化け株)しました。2011年は「東日本大震災」が発生、リーマンショックから世界経済、日本経済が立ち直ろうとしていた時に発生した大震災、加藤暠氏は日本経済の復興のために般若の会を結成したとも噂されており、伝説の相場師が日本経済の復興に尽力するのでしょうか。


加藤暠が手掛ける(介入)する銘柄はマルキやK氏銘柄、K銘柄、K筋と呼ばれ、実際に介入している銘柄は「ホンマルキ」、噂だけの偽物は「ハナマルキ」と呼ばれました。加藤暠氏はデイトレーダーや短期資金のような小さな値幅を取る投資家ではなく、株価を大きく暴騰させることから、加藤暠氏の介入銘柄という噂が立つだけで仕手株となってしまいます。加藤暠氏の本格復帰が注目されていますが、マルキ・K氏銘柄と言われる企業の株価の動きはどうなるのでしょうか。糸山英太郎笹川良一、稲川会会長の石井進、内田良平、安岡正篤大物政治家などと親交があり、日本を代表する大物相場師の復活を多くの投資家が歓迎しています。








【加藤暠が関係したとされる投資グループ】

日本橋信用
誠備投資顧問室
誠備グループ
泰山
旧誠備
藤紘
真大倉
新しい風の会
時々の鐘の音







加藤暠氏の名前が金融関係者や投資家だけでなく、一般のマスコミ関係者にも広く知れ渡ったのが「宮地鉄工所」の仕手戦ではないでしょうか? 誠備グループ躍進のきっかけとなった「宮地鉄工所」の株価は200円台から2950円まで上昇して発行済株式の7割を誠備グループに買い占め 、取締役会に誠備グループから役員を派遣して会社乗っ取りに発展しました。「新しい風の会」の中心銘柄であった「兼松日産農林」、泰山時代の中心銘柄の「ルック」なども加藤暠氏が率いる投資グループ の力によって株価は暴騰!昭和の仕手戦で勝ち続けた伝説の相場師が本尊介入したとされる仕手株一覧です。







上場区分 コード 東証1部 安値 高値 株価上昇率
宮地エンジニアリンググループ 東証1部 3431 誠備グループ 200円 2940円   1470%
太平工業 東証1部 1819 誠備グループ 157円 2740円   1745%
三ツ星ベルト 東証1部 5192 誠備グループ 167円 4430円   2652%
井筒屋 東証1部 8260 誠備グループ 208円 1380円    663%
新電元工業 東証1部 6844 誠備グループ 134円 2230円   1664%
本州製紙 東証1部 3862 誠備グループ 1996年10月に新王子製紙と合併、王子製紙となる
安藤建設 東証1部 1816 誠備グループ - - -
石井鐵工所 東証1部 6362 誠備グループ - - -
不二家 東証1部 2211 誠備グループ - - -
オカモト 東証1部 5122 誠備グループ - - -
丸山製作所 東証1部 6316 誠備グループ - - -
北越紀州製紙 東証1部 3865 誠備グループ - - -
木村化工機 東証1部 6378 誠備グループ - - -
福田組 東証1部 1899 誠備グループ - - -
丸善CHIホールディングス 東証1部 3159 誠備グループ - - -
カルピス 東証1部 2591 誠備グループ   2007年09月25日上場廃止
日立精機 東証1部 6106 誠備グループ   2002年11月20日上場廃止
常陽銀行 東証1部 8333 藤紘・真大倉 - - -
東邦銀行 東証1部 8346 藤紘・真大倉 - - -
日本フエルト 東証1部 3512 藤紘・真大倉 - - -
神鋼商事 東証1部 8075 藤紘・真大倉 - - -
明治海運 東証1部 9115 藤紘・真大倉 - - -
兼松日産農林 東証1部 7961 新しい風の会 400円 5020円   1255%
住石ホールディングス 東証1部 1514 新しい風の会 401円 1020円    254%
ダイニック 東証1部 3551 新しい風の会 - - -
ルック 東証1部 8029 泰山 285円 2150円    754%
日本配合飼料 東証1部 2056 泰山 68円 275円    404%
日特建設 東証1部 1929 泰山 220円 810円    368%
サカイオーベックス 東証1部 3408 泰山 51円 308円    603%
合同製鐵 東証1部 5410 泰山 95円 820円    863%
不動テトラ 東証1部 1813 泰山 132円 894円    677%
ナカノフドー建設 東証1部 1827 泰山 120円 710円    591%
真柄建設 東証1部 1839 泰山   2008年08月06日上場廃止
佐伯建設工業 東証1部 1889 泰山   2008年08月02日上場廃止
第一屋製パン 東証1部 2215 泰山 92円 297円    306%
保土谷化学工業 東証1部 4112 泰山 152円 808円    531%
大日精化工業 東証1部 4116 泰山 223円 690円    309%
鬼怒川ゴム工業 東証1部 5196 泰山 83円 364円    438%
日本カーボン 東証1部 5302 泰山 122円 821円    672%
日鉄鋼板 東証1部 5454 泰山   2004年07月27日上場廃止
大同特殊鋼 東証1部 5471 泰山 235円 1223円    520%
東洋シヤッター 東証1部 5936 泰山 473円 2765円    584%
東京製綱 東証1部 5981 泰山 63円 314円    498%
豊和工業 東証1部 6203 泰山 48円 281円    585%
北川鉄工所 東証1部 6317 泰山 77円 413円    536%
日本コンベヤ 東証1部 6375 泰山 45円 238円    528%
東光 東証1部 6801 泰山 188円 486円    258%
チノー 東証1部 6850 泰山 187円 422円    225%
リズム時計工業 東証1部 7769 泰山 65円 271円    416%
日本バルカー工業 東証1部 7995 泰山 121円 437円    361%
東都水産 東証1部 8038 泰山 182円 576円    316%
セイコーホールディングス 東証1部 8050 泰山 241円 902円    374%
西華産業 東証1部 8061 泰山 107円 470円    439%
ニチモウ 東証1部 8091 泰山 177円 608円    343%
ゴールドウイン 東証1部 8111 泰山 97円 508円    523%
上新電機 東証1部 8173 泰山 223円 1045円    468%
内田洋行 東証1部 8057 泰山 204円 875円    428%
鈴丹 東証1部 8193 泰山 476円 3214円    675%
ベスト電器 東証1部 8175 泰山 635円 1140円    179%
明星工業 大証1部 1976 加藤氏の関係者 - - -
サノヤスホールディングス 大証1部 7022 加藤氏の関係者 - - -
虹技 大証1部 5603 加藤氏の関係者 - - -
北川鉄工所 東証1部 6317 加藤氏の関係者 - - -








アベノミクス相場と騒がれていた日本市場ですが、2013年5月23日に15942円60銭の年初来最高値を付けてから急落しています。東証1部の日経平均採用銘柄やマザーズ指数、ジャスダック指数などに採用されている主要銘柄が売られたことで現物株の担保価値が下がり、追証の発生から強制決済される投資家が続出しました。短期間で日経平均株価が急騰していましたから株価調整入りは当然ですが、為替相場が円安から円高に推移していることもあり、株式市場には警戒感が広がっています。日経平均株価が調整入りから、丸栄やGSIクレオス、大同工業などに特定資金が介入と騒がれていますが、低位の仕手株が動意付いていることで加藤暠氏が再び動き出したのではという噂もあるようです。日本カーバイド工業や井筒屋、石井鐵工所などのK氏銘柄が出来高を伴い短期急騰する場面もあり、日本市場が本格的に調整に入るような展開になれば般若の会が再び注目されるでしょう。(編集部)


自民党の安倍晋三総理によるアベノミクス政策(追加金融緩和・量的緩和)によって、日経平均株価はリーマン・ショック以前の水準にまでリバウンドしています。日本株を外国人投資家が過去最高の買い越し金額を更新するほどの勢いで買い続けており、低位の仕手株を手掛けることが多い般若の会の存在感が薄くなっています。ガンホー・オンライン・エンターテイメントの株価が400万円を超えるなど、般若の会が介入している銘柄よりも激しい大相場になっていることから、提灯筋や個人投資家、デイトレーダーなども値動きの軽い銘柄に流れています。ジアースやカルナバイオサイエンス、ITbook、いちごグループホールディングス、青山財産ネットワークスなどが短期で爆騰するなど、数十年に1度と言われる大相場になっている日本市場は、世界の投資マネーが流入していることから、日本市場全体が仕手株化しているような感じになっています。しかし、株価上昇が永久に続くことはなく、必ず株価調整に入りますから、日本市場が株価調整に入れば、般若の会が本尊介入している新日本理化や明和産業、ルック、日本カーバイド工業などが再び仕手株化する可能性があります。ゴールデンウィーク前後から相場が転換したことが過去に何度もありますから、ゴールデンウィークの仕手相場から般若の会関連銘柄の動きが楽しみになっています。個人投資家も利益確定に成功していますから、個人投資家の買いエネルギーも強いですから、仕手相場も日経平均株価の動きのような大相場になると期待したい。(編集部)


2012年6月から更新されていなかった「時々の鐘の音」のホームページが更新され、加藤暠氏の健康状態などを心配していた投資家には安心感が広がりました。新しい本尊介入銘柄が紹介されると期待されていたHPの更新、2013年1月28日に更新されたコラムで紹介された銘柄は「日本カーバイド工業」でした。日本カーバイド工業に関しては、投資顧問などが般若の会が介入しているのではという情報を流していた銘柄ですから、2012年末には100円台の株価が300円台にまで急騰していました。HP更新の翌日1月29日は、前日の安値430円から105円も上昇する535円の高値を付けていますが、その後は空売り・大口の利益確定の売りに押されるような値動きにより、400円台を割りそうな値動きになっています。提灯筋や短期資金に高値掴みさせて、売り抜けをし、狼狽売りにより売りの連鎖が収まった時点で再度買い始めるのは仕手筋の常套手段ですから、仕手筋を理解している投資家は1月29日に利益確定、空売りをしているのではないでしょうか。加藤暠氏はコラムで日本カーバイド工業に関して、「出世株」、「地下に蠢くマグマが何時爆発するのか」、「又と無いチャンスの中」、「大相場に発展しつつある」という表現を使っており、昭和・平成の仕手戦で勝ち続けた大物仕手筋のコラムだけに日本カーバイド工業から目が離せません。自民党の安倍晋三総理による追加金融緩和、アベノミクスと呼ばれる経済政策による円高から円安への誘導等により上昇している日経平均株価ですが、海外のヘッジファンドや投資信託、年金資金による買いも過熱感から手控えられており、個人投資家の投資資金も日経平均株価採用銘柄やIPO、ソーシャルゲーム、バイオベンチャー(iPS細胞)から低位の仕手株へ流れてくる可能性があります。(編集部)


機関投資家のファンドマネジャーやディーラーがクリスマス休暇に入ると、株式市場は日経平均株価に採用されているような大型銘柄ではなく、低位の仕手株が中心のマネーゲームが展開されますが、2012年は衆議院解散総選挙がありましたので、例年のように低位の仕手株も買われましたが、日経平均株価に採用されているような国際優良銘柄に海外のヘッジファンドや短期資金も流入していました。自民党の安倍晋三総理が追加金融緩和を政策を行うと宣言していましたので、過剰流動性相場への期待から円高から円安基調、日経平均株価も全面高となりましたので、仕手株には投資資金が流れにくい相場展開でした。般若の会関連銘柄で仕手株化していたのは、日本カーバイド工業が90円台から400円台に乗せる急騰ぶり、MUTOHホールディングスや兼松日産農林、宮地エンジニアリンググループなども短期的には短期資金や特定資金の介入が見られていました。「時々の鐘の音」のホームページで本尊介入を宣言していた新日本理化は、223円から350円へ上昇、明和産業は290円から500円台に乗せる値動きを見せてストップ高するなど、依然として般若の会銘柄の人気の高さが分かりますが、ルックはヘッジファンドの解約による換金売りが出た、2012年11月15日(45日ルール)時の株価水準と変わらず、ルックの年末仕手相場での株価急騰を期待して買っていた投資家には苦しい状況になっています。「時々の鐘の音」のホームページが更新される、セミナーが開催されるなどの噂が絶えませんが、2012年6月24日から加藤暠氏はホームページを更新していません。(編集部)





般若の会が最初に手掛けた「新日本理化」の株価は年初来高値から6分の1、明和産業も888円から200円台まで下落、ルックも800円台から400円台に下落するなど般若の会が本尊介入していた銘柄が全滅状態になっています。2ちゃんねるやヤフーファイナンスの掲示板などでは、加藤暠氏への失望感が広まっており般若の会を信じて投資をしていた投資家の悲痛な叫びが聞こえてきます。死亡説や関東連合(ルネッサンス)との関係、外資系証券によるマネーロンダリング等の噂も流れていることもあり、個人投資家の間に般若の会を敬遠する動きも見られています。「時々の鐘の音」のホームページは2012年6月24日から更新されていませんが、加藤暠氏は健在とのことで衆議院の解散総選挙となれば再び般若の会銘柄が爆騰するのではないかと期待感もあります。振るい落とし、狼狽売りによる株価下落によって追証(追加証拠金)が発生していたこともあり株価調整は完了していますので、値動きの軽くなっている般若の会銘柄のリバウンドに注目したい。(編集部)


般若の会に対して、1部の個人投資家は失望した様子で投売りをしているようです。加藤暠氏が誠備グループや泰山で手掛けていた銘柄の株価急騰ぶりからも大儲けができると信じていた投資家は、ポートフォリオのポジションを調整したり、ボーナスや借金などをして大勝負していたようですが、新日本理化ルック、明和産業ともに売り込まれており、株価は般若の会が介入を表明する前の水準近くまで下落しています。本尊介入銘柄の値動きが弱いことから、死亡説が再び流れるなどしていますが、新規の会員を募集するなど健在のようです。政治家などとの関係が噂されるだけに、衆議院の解散総選挙前に選挙資金が必要な関係者からの売りが続いているという憶測もあり、安値では個人投資家も玉集めをしているようです。個人投資家でも急騰相場を作り出せますから、急騰させて般若の会が再始動とあおれば短期的な利益も狙えますから、引き続き注意が必要です。(編集部)


新日本理化の株価が287円から1297円と急騰したことから多くの個人投資家が般若の会が手掛けている 銘柄で勝負していますが、明和産業が約2倍、ルックは2倍にも届かないという状況に失望してしまった投資家の意見が 見られるようになっています。新しい風の会や泰山での活動後に加藤暠氏の死亡説(糖尿病の悪化)が流れていたように、般若の会を再始動 させたにもかかわらず、身近な人物が携帯に電話しても出ないという理由だけで死亡説が流れる加藤暠氏、失踪・死亡説を 一部の週刊誌が追っているようですが、それだけ加藤暠氏が注目されているとも言えます。その加藤暠氏ですが「時々の鐘の音」 のホームページで般若の会の新規会員を募集すると発表、「俺でも入会できるのか?」「会員になれた方、情報求む!」など 個人投資家も騒いでいます。兜町伝説大物仕手筋の仲間入りができるならと多くの投資家が般若の会への入会を希望しているようですが、 指定された住所に書類を送れば入会案内が送られてくるのでしょうか。入会金や会員費等の般若の会入会条件など公表されていないので分かりませんが、インターネットが普及している現在は情報が漏れてしまうとリアルタイムで 広がってしまうので、般若の会が新規会員を募集してどのように運営するのか注目したい。(編集部)


ルックの大量保有報告書によりアメリカ合衆国のヘッジファンド「ルネッサンス・テクノロジーズ・エルエルシー」の保有比率が5.01%から3.52%となっていたことが判明しました。高値での売り抜けにせいこうしていますが、ルネッサンス・テクノロジーズ・エルエルシーは鬼怒川ゴム工業や宮地エンジニアリンググループ、高島、黒崎播磨などの仕手株を保有していたファンドですから、ルネッサンス・テクノロジーズ・エルエルシーの動向に警戒したい。般若の会の加藤暠氏がルネッサンス・テクノロジーズLLCと関係があるのか様々な憶測があるようです。(編集部)

「泰山」時代の看板銘柄であった「ルック」に加藤氏がホームページで大出世株としての可能性を指摘、大量の空売りが株価急騰のパワーとなり大相場を期待するという内容から株価はストップ高しています。般若の会が結成されたという噂が広まった時に株価が動意したルック、株価調整が完了した新日本理化、個人投資家の資金が流入している北川鉄工所など、夏場の仕手株相場が始まる予感がします。(編集部)


新日本理化は年初来安値更新、信用売残が急激に減少したことで、大口の利益確定があったと考えられます。出来高も近況の3倍以上となっていることから、仕手筋による振るい落としは終了したとの声もあります。高値から株価は半値以下に下落、高値掴みしてしまった投資家は苦しい日々が続いていますが、そろそろ再急騰があるのではと投資家の注目を集めています。空売りが大量返済されたことで、売り込まれた新日本理化を買ってくる投資家も増加すると予想されます。(編集部)

般若の会推奨銘柄となっている新日本理化、明和産業には提灯買いも数多く入り、短期資金や特定資金、個人のリスクマネーも参入により出来高が急増、証券取引所もすぐに売買規制をしており、委託保証金の引き上げ、日々公表銘柄に指定、貸株注意喚起銘柄に指定と信用取引に関する規制を実施しています。仕手株になれていない投資家は高値掴みで損切り、ロスカット、強制決済という苦しい状況になっています。頑張っていたホルダーも振るい落としに狼狽売りが増えていますが、売りが枯れていることからリバウンドの局面も近いのではないでしょうか。(編集部)







カテゴリー
仕手株
デイトレ
勝負株
IPO
テーマ株
用語集



サブカテゴリー
過去のメジャーSQ値データ
スキャルピングテクニック手法
東証1部 上場企業一覧
東証2部 上場企業一覧
東証マザーズ 上場企業一覧
JASDAQ 上場企業一覧
仕手株(バックナンバー)
デイトレ(バックナンバー)
勝負株(バックナンバー)



                                               仕手株研究所  All rights reserved.