ロングストラングルとは


仕手株研究所TOP 仕手株 デイトレ 勝負株 IPO テーマ株 用語集





 ロングストラングルとは


 


スプレッド取引において最もポピュラーなスプレッド戦略であり、プロの投資家から初心者の投資家まで、ロングストラングルは使用されるスプレッドです。ロングストラドルと同様に、コールとプットの買いによって構成されているスプレッドで、最大のリスクはオプションの購入プレミアのみに限定されています。また、ロングストラドルのようにアットザマネーのプレミアの高いオプションを購入するのではなく、アウトオブザマネーのプレミアが安いオプションを購入いたします。コールもプットも安いオプションを購入いたしますが、オプションで大儲けするという話はアウトオブザマネーのオプションが購入時のプレミアの数倍になるケースしかありません。アットザマネー、インザマネーのオプションは原資産と同じ動きをしてしまいますので、大儲けというわけにはいきません。


日経225オプションですと、アウトの一番安いオプションが1円ということもよくあります。仮に、1円のオプションが日経の大きな動きにより、100円になっとしたらどうでしょうか。1円が100円、1万円が100万円、100万円が1億円になります。実際、このようなことがスプレッド取引では普通にあるのです。競馬や宝くじなどにトータルして大金を使ってしまうという方も多いと思います。そのような方は、コール、プットと1円の時に両方のオプションを購入してみてください。原資産である日経平均が500円程度動けば、すぐに30万程度の利益が出せるはずです。スプレッド取引は権利行使日まで持っている必要はないので、コールとプットのオプションの購入時に支払ったプレミアを上回る利益が出たら利益確定してしまえばいいのです。その時は、利益確定できなかったオプションのプレミアはゼロになっているでしょう。






しかし、リバウンドなどで逆に動いた場合は、期待しなかったゼロのオプションが100円程度になるときもあるのです。1円、2円のオプションが数100円になることは可能です。ロングストラングルは権利行使日まで待っていた場合は、データー的には勝率が低いスプレッドになりますが、途中で上手く利益確定を繰りかえしていけば非常に効率的なスプレッド投資戦略とも言えます。ボラティリティが低い時に安いオプションを購入して、後は果報は寝て待てというように相場が動くことに期待して待っていてください。デイトレードやスイングトレードなどが向かないというトレーダーさんには非常に向いていると思います。損失を抱えてアメリカ市場が気になって夜も眠れないという先物トレーダーや株式投資をしているトレーダーとは違います。利益無限大でありながら、損失限定という最高のスプレッドポジションなのです。


ロングストラドルの時に解説したのは、ロングストラドルはアットザマネーに近いオプションを購入して、短期間で利益確定をするスプレッド戦略であるとお話いたしました。今回、説明させていただくロングストラングルはストラドルとは逆のスプレッド戦略になります。コールオプションとプットオプションの買いで構成されているスプレッドであることは変わりません。ですので、両スプレッド共に利益無限大で損失限定のスプレッドになります。ロングは買いで構成されたスプレッド、ショートは売りで構成されたスプレッドです。ストラドルとストラングルで非常に間違えやすいと思いますが、少し日経225オプション取引などを行えば理解できるようになりますので、心配はいりません。






ロングストラングルはアウトオブザマネーのコールとプットで構成されるスプレッドです。そして、アウトオブザマネーのコールとプットで構成するオプションです。ですので、ストラドルに比べてオプションの購入プレミアムは安くなります。また、ロングストラドルが短期投資、スイングトレードであるのに対して、ロングストラングルは中長期投資という投資スタイルが向いているスプレッドです。ロングストラングルはオプションのプレミアムが安い時に仕掛けるのが最高の仕掛けのパターンです。ボラティリティブレイクアウトの前に仕掛けることができれば、コール、プットの両方のオプションで利益が狙えます。ボラティリティが低い時に仕掛けて、ボラティリティブレイクアウトした時はとんでもない利益が狙えます。


ロングストラングルは原資産の動きに関係なく、ボラティリティが上昇する時になるとコールとプットの両方が上昇していきます。原資産とは関係なく、市場が急激に変化しますとボラティリティが急上昇してしまいます。ロングストラングルは長期で安いプレミアムを選択いたしますと大成功いたします。LEAPSと呼ばれる長期の安いオプションを購入して、急激な変化が起こる事などを待っているととんでもない利益が得られる可能性があります。私は、ロングストラングルをギャンブルと考えています。コールもプットも原資産の方向性を考える必要はありません。原資産市場が大きく動けば大きな利益が得られます。スプレッド取引の経験が少ない方は、ロングストラングルからスプレッド取引をスタートしてみてはいかがでしょうか。安い時に買って、ほったらかしにして置けばいいと思います。私もロングストラングルの理論でスプレッド取引を頻繁に行いまずが、非常に利益を得られるチャンスが多いスプレッドと思います。






ロングストラングル  【スプレッド戦略】
スプレッド戦略名称
 ロングストラングル
スプレッド構成  コールオプション買い プットオプション買い
購入するオプション価格 
 コール及びブットともアウトオブザマネー
購入するオプション限月 
 権利行使日が直前とされる限月 
売買によるスプレッド最大利益 
 無限大
売買によるスプレッド最大損失
 コール、プットのオプション購入プレミアムに限定
ロングストラングル戦略 1
 原資産が急速に乱高下しそうな時に購入
ロングストラングル戦略 2
 ボラティリティが異常に低く、動き出す前
ロングストラングル戦略 3
 長期間で大勝負するという時に有効
ロングストラングル戦略ポイント
ロングストラングルはボラティリティが低く、ボラティリティブレイクアウトの前に仕込みたい。ボラティリティが高い時は、予想通りに原資産市場が動いても利益が少なく、オプションの購入価格が非常に高くなってしまいすま。
ショートストラドル(オプションの売りポジションで構成)







カテゴリー
仕手株
デイトレ
勝負株
IPO
テーマ株
用語集



サブカテゴリー
過去のメジャーSQ値データ
スキャルピングテクニック手法
東証1部 上場企業一覧
東証マザーズ 上場企業一覧
JASDAQ 上場企業一覧
仕手株(バックナンバー)
勝負株(バックナンバー)
リアルタイム実況中継(バックナンバー)









                                               仕手株研究所  All rights reserved.