オプション買い(コール・プット)とは


仕手株研究所TOP 仕手株 デイトレ 勝負株 IPO テーマ株 用語集





 オプション買いとは


コールオプションの買いはオプションの権利行使日までの期間に決められた価格でオプションが対象としている原資産を買う権利を保有することができる。コールオプションの売りはオプションの権利行使日までの期間に決められた価格でオプションが対象としている原資産を売る義務が課せられます。プットオプションの買いはオプションの権利行使日までの期間に決められた価格でオプションが対象としている原資産を売る権利を保有することができる。プットオプションの買いはオプションの権利行使日までの期間に決められた価格でオプションが対象としている原資産を買う義務が課せられます。


オプションの買いは、原資産のオプションを購入する費用のみで原資産価格が上下して、原資産を保有していた場合に損失が発生する場面でも、オプションの買い手の損失はオプションを購入した際に支払ったプレミアム価格のみに限定されています。オプションの買いが掛け捨ての保険と言われるのは、大量に原資産の株式などを購入した機関投資家などがアウトオブザマネーの安いオプションを大量に購入していることなどから保険的な意味で利用されます。


最近は、オプションのみをトレードする投資家が増えたことで、オプションのプレミアム価格が比較的高いアットザマネーやインザマネーの購入も増えてきています。しかし、取引量がある程度ある市場を選択しなければオプションのプレミアム価格の不均衡が生じやすく、相場の需要関係によって大きくプレミアム価格が上下いたします。リーマンショックの時などは、日経225のオプション取引で普段は1円程度で取引されていたアウトオブザマネーのオプションが100円程度に急騰しています。このオプションを購入していた投資家は大儲けすることができました。このような経済的な事件やイベントを狙って安いオプションを大量に購入する投資家も多くいます。





オプションの買いは、購入時のプレミアム価格に損失が限定されていますが、オプションの買い手はオプションの売り手に対してプレミアムの支払い義務が発生するためオプションの満期日まで保有して、権利が行使できれば問題ありませんが、権利行使日までの原資産の値動きを利用して売買益を得ようとする場合は、短期間で決済しなければ時間的価値の減少によって損失が発生してしまいます。特に、日経225オプションの場合は、SQの前週木曜日辺りから警戒が必要です。SQ週の月曜日になりますと、オプションのプレミアム価格が急激に下がります。


オプションの買い手は、権利行使日までに9割は権利行使されずに期限切れを迎えます。リスク限定で利益が無限大とされますが、アウトオブザマネーなどは原資産価格が急激に変動しなければ利益が得られません。オプションの買いは非常に難しく、タイミングとオプションのプレミア価格が適正かどうかを計算する能力が求められます。また、一般的にはオプションの買い手は個人投資家が多く、オプションの売り手は機関投資家や投資ファンドが多いとされています。オプションの売りは損失が無限大であることや証拠金が多く要求されるので、勝率が高くとも利益が少ないため、資金か豊富な機関投資家などが大量の資金を使って安全に利益を狙う場合が多いのです。


コールオプションの買い
コールオプション買いの勝率  10%程度
コールオプション買い 主な投資家  機関投資家 個人投資家が多い
コールオプション買い リスク  オプション購入時のプレミアム価格に限定
証券会社からの追加証拠金  プレミアムが減少し損失が出ても追加証拠金はいりません
オプション対象の原資産が急上昇  大きな利益が得られます。投資資金が数倍になります!
オプション対象の原資産が小動き  時間的価値の減少とプレミアムの下落で損失
オプション対象の原資産が急下落  プレミアムの急激な減少により価値がゼロになります
ボラティリティについて  ボラティリティが低い時に買うのがタイミング
コールオプション買いの利点  少ない投資資金で大きな利益が期待できる
 証券会社からの追加証拠金の要求なし
 オプション取引の初心者でも大きな利益を出せる
 プレミアムの安いオプションで大きな勝負が可能





プットオプションの買い
プットオプション買いの勝率  10%程度
プットオプション買い 主な投資家  機関投資家 個人投資家が多い
プットオプション買い リスク  オプション購入時のプレミアム価格に限定
証券会社からの追加証拠金  プレミアムが減少し損失が出ても追加証拠金はいりません
オプション対象の原資産が急上昇  プレミアムの急激な減少により価値がゼロになります
オプション対象の原資産が小動き  時間的価値の減少とプレミアムの下落で損失
オプション対象の原資産が急下落  大きな利益が得られます。投資資金が数倍になります!
ボラティリティについて  ボラティリティが低い時に買うのがタイミング
プットオプション買いの利点  少ない投資資金で大きな利益が期待できる
 証券会社からの追加証拠金の要求なし
 オプション取引の初心者でも大きな利益を出せる
 プレミアムの安いオプションで大きな勝負が可能





株式投資や信用取引、先物取引、FX外国為替証拠金取引などをしていたトレーダーの方がオプション取引を勉強されますと非常に難しいと考えてしまうと思います。他の金融商品の場合は、買いと売りで取引される価格は1つだからです。そのストライクプライスを見て上昇するだろう、下落するだろうという予測を立て投資していたと思います。


しかし、オプション取引の場合は、コールとプットという聞いたことのない言葉が出てきて、コールの買いと売り、プットの買いと売りという4種類の選択ができます。更に、買いと売りでは勝率が全く違います。また、取引されるオプションの権利行使価格もアット、インザマネー、アウトオブザマネーという取引できるオプションの数が非常に多いのです。


他の金融商品がストライクプライスの買いと売りに対して、オプション取引ではコール、プットの買いと売りの4種類に対して、複数の権利行使価格があり、日経225オプションでも40以上の取引可能なオプションがあるのです。そして、相場環境によってコールオプションのみの出来高が急増して、コールのプレミアムが急上昇したりとオプションの価格に不均衡が生じ易いという特徴があります。





機関投資家などは、原資産の価格とオプションとの価格差がどれほど乖離しているのかをコンピューターで瞬時に計算して取引に適したオプションを選ぶことができるようですが、個人投資家には難しい部分であります。あと、オプション取引には、オプションの満期前であればいつでも権利行使ができるアメリカン・タイプと満期日にのみ権利行使ができるヨーロピアン・タイプがあります。日本のオプション取引はアメリカンタイプになります。


オプション取引は勉強していけば、非常に効率的に利益が出せる取引です。比較的株式のように倒産リスクなどもありませんし、勉強をして経験を積んでいけば上手に取引できるようになります。これから、オプション取引について再度の勉強がてら書いていきます。









カテゴリー
仕手株
デイトレ
勝負株
IPO
テーマ株
用語集



サブカテゴリー
過去のメジャーSQ値データ
スキャルピングテクニック手法
東証1部 上場企業一覧
東証マザーズ 上場企業一覧
JASDAQ 上場企業一覧
仕手株(バックナンバー)
勝負株(バックナンバー)
リアルタイム実況中継(バックナンバー)









                                               仕手株研究所  All rights reserved.