バイオエタノール関連銘柄


仕手株研究所TOP 仕手株 デイトレ 勝負株 IPO テーマ株 用語集







【バイオエタノール関連銘柄一覧】

中国やインドネシア、タイ、ベトナムなどのアジア新興国の急速な経済成長に伴うエネルギー需要の増加によって、世界的に原油や鉄鉱石等のエネルギー資源価格が高騰していることや、「東日本大震災」による「福島第一原発事故」が発生したことで放射能漏れが起こり、周辺地域に多大な影響を与えてしまっていることで、再生可能な自然エネルギーで大気中の二酸化炭素(CO2)量を増やさないエネルギー資源の開発が進められています。中でも原油価格の高騰からバイオマスから生成される「バイオエタノール」の開発が活発化、サトウキビやトウモロコシなどのバイオマスを発酵・蒸留して生産するバイオエタノールは、ブラジルなど南米を中心に再生可能性・カーボンニュートラル性の高い自然エネルギーとして注目されています。バイオエタノールの原料となるのは炭水化物を含む原生生物由来の資源であれば可能です。実際にバイオエタノールの原料として利用されているのは糖質・デンプン質を多く含むサトウキビやトウモロコシ等です。


バイオエタノールのメリットは、CO2の排出量を削減し地球温暖化を防止でき、持続的に利用可能なエネルギー資源としての環境的で低コスト、高度な科学的な技術力を必要としない特徴を持っています。バイオエタノールの原料は光合成によって成長する植物(木材)を原料とすることから、バイオエタノール原料の植物(サトウキビやトウモロコシ、ジャガイモ、麦、サツマイモ、セルロース等)がに二酸化炭素(CO2)を吸収することができ、バイオエタノールの利用した時に排出される二酸化炭素(CO2)は理論的にはありません。バイオエタノールのデメリットに利用時に排出される二酸化炭素(CO2)がありますが、京都議定書(気候変動枠組条約)では、バイオエタノール利用時に排出されるCO2排出量はカウントしないことになっています。





バイオエタノールは枯渇することが時間の問題になっている石油(化石系原料)のように人工的に生産することが難しいエネルギーではなく、太陽と水による光合成によってニューアブル(持続的利用可能)なエネルギー資源です。バイオエタノールはバイオ技術等のサイエンステクノロジーにより大量生産が可能であり、石油や鉄鉱石などのように枯渇する危険性が少ない自然エネルギーです。経済産業省が組織する石油政策小委員会は、エネルギー政策に関して石油の割合を引き下げて、バイオエタノールの利用比率を上げて、2020年には10%程度までバイオエタノールの利用比率を引き上げようとしています。ブラジルでは、ガソリンとエタノールの両方を燃料として利用できる自動車、ガソリンのみでも、エタノールだけでも、両方を混合して給油しても、走行可能なフレックス燃料車が普及しています。


商品先物市場には投機筋による投機マネーにより「原油」価格の高騰が続き、原油先物で繰り広げられるマネーゲームの影響もあり原油価格が上昇、原油だけでなく他のエネルギー資源の価格も高騰、世界人口が急速に増加していることや、アジア新興国を中心に自動車の保有台数が増加していることも原油需要の増加要因になっています。ガソリン需要が今後も増加することが予想され、原油価格の高騰は続くと予想されていることから、バイオエタノールとガソリンを混合した「バイオガソリン(エタノール混合ガソリン)」が高騰する原油価格へ対応する新エネルギーとして自動車業界関係者も注目しています。ヨーロッパを中心に環境問題に対応したエコカー、排ガス規制強化の導入が期限が迫っていることからもバイオエタノールを利用する自動車の生産が大手メーカーを中心に進められています。







         企業名 市場 コード   
大成建設 東証1部 1801 出資企業のバイオエタノール・ジャパン関西が廃木材からバイオエタノール製造
新日本製鉄 東証1部 5401 食品廃棄物からバイオエタノールを製造する技術開発、省エネ生産技術に強み
三井物産 東証1部 8031 ブラジル等の新興国でバイオエタノール開発事業に投資、技術開発企業に出資
丸紅 東証1部 8002 アンゴラ共和国の製糖・バイオエタノール工場建設プロジェクトを受注
日揮 東証1部 1963 フィリピンで大規模バイオエタノール製造・発電事業を伊藤忠商事と共同で実施
東洋精糖 東証1部 2107 租糖からバイオエタノールを精製、総合商社の丸紅系で海外で生産・販売拡大
日本甜菜製糖 東証1部 2108 北海道農業バイオエタノール燃料推進協議会の研究・開発の関連会社に出資
三井製糖 東証1部 2109 精糖生産で国内トップ、宮古島バイオエタノールプロジェクト(NEDO事業)に参加
宇部興産 東証1部 4208 パームカーネルシェルを石炭と混合燃焼させ、バイオマス混焼コストを削減
アサヒグループホールディングス 東証1部 2502 農研機構九州沖縄農業研究センターと共同でバイオマスエネルギーを開発
サッポロホールディングス 東証1部 2501 セルロース系バイオ水素燃料を研究・開発、バイオ・エタノール・ジャパン関西
塩水港精糖 東証2部 2112 総合商社でエネルギー開発トップの三菱商事系で東洋糖・日本糖と事業提携
月島機械 東証1部 6332 BP Biofuels社のバイオマス技術を導入、木質系バイオマスからエタノール製造
三井造船 東証1部 7003 マレーシアのサイムダービー社とバイオエタノールの実証事業(プラント開発)
日産自動車 東証1部 7201 バイオエタノール混合のE10燃料の実証実験「とかちE10実証プロジェクト」参加
トヨタ自動車 東証1部 7203 セルロース系バイオエタノールを研究・開発、環境エネルギーの開発に積極投資
ホンダ 東証1部 7267 稲わらや植物の茎や葉等からバイオエタノール用アルコール燃料を精製
チノー 東証1部 6850 エタノール濃度、水分を計測・解析しバイオ燃料の燃焼効率させる測定器






カテゴリー
仕手株
デイトレ
勝負株
IPO
テーマ株
用語集



サブカテゴリー
過去のメジャーSQ値データ
スキャルピングテクニック手法
東証1部 上場企業一覧
東証2部 上場企業一覧
東証マザーズ 上場企業一覧
JASDAQ 上場企業一覧
仕手株(バックナンバー)
デイトレ(バックナンバー)
勝負株(バックナンバー)



                                               仕手株研究所  All rights reserved.