香港GEM市場とは


仕手株研究所TOP 仕手株 デイトレ 勝負株 IPO テーマ株 用語集





 香港GEM市場とは


 


GEM市場とは「Growth Enterprise Market」(成長企業市場)の略語で、香港証券取引所が1999年11月に設立した新興・ベンチャー企業向けの市場です。アメリカのナスダック(NASDAQ)や日本の東証マザーズやJASDAQ(ジャスダック)のような時価総額の小さな成長性のある企業が上場しており、メインボードと比較して上場基準が低く、事業継続年数や売上高、キャッシュフロー基準、株主数などが新興企業でもクリアする基準になっており、世界各国の新興企業がGEMへの上場を目指しています。中国市場が注目されるにつれ、外国人投資家が制限が無く投資ができることやIPO(新規公開)ができることから、機関投資家やヘッジファンド、投資顧問、投資信託などの大口投資家やベンチャーキャピタルなどもGEM市場に注目しています。


香港市場は東京証券取引所の時価総額の半分程度しかありませんが、香港や中国、ケイマン、バニューダ等の租税回避地に登録している企業などが上場することが可能であり、アジアの国際金融センターであることから、GEM市場も成長しています。香港市場(メインボード)は上海市場についで資金調達力が高い市場ですから、GEMからメインボードへ指定替えを行う企業も増加しており、メインボート市場への株式公開基準をクリアした企業(北京京客隆、新奥能源、天業節水等)がメインボードに上場しています。香港証券取引所もGEMに上場している企業に対するメインボード市場への指定替えを促進するために、上場審査費用や指定替え手続きを簡素化しています。





【香港メインボード市場・GEMの概要・特徴】

メインボード 約1300社 時価総額の大きな企業が上場、中国・香港を代表する企業
GEM 約170社 ベンチャー企業等の新興企業が上場、時価総額が小さい


H株 中国本土に会社が登記され中国本土に営業本拠のある企業
レッドチップ 中国資本が30%以上で企業の登記地が中国本土以外にある企業




【香港GEMドの取引時間(ザラ場)】

プレオープニング・セッション 10:00〜10:30
前場 10:30〜13:00
後場 14:30〜17:00
クロージング・オークションセッション 17:00〜17:10
※終値の決定はクロージング・オークションセッション方式で決定されます









カテゴリー
仕手株
デイトレ
勝負株
IPO
テーマ株
用語集



サブカテゴリー
過去のメジャーSQ値データ
スキャルピングテクニック手法
東証1部 上場企業一覧
東証マザーズ 上場企業一覧
JASDAQ 上場企業一覧
仕手株(バックナンバー)
勝負株(バックナンバー)
リアルタイム実況中継(バックナンバー)









                                               仕手株研究所  All rights reserved.