テクノホライゾン・ホールディングスが買い気配のストップ高


仕手株研究所TOP 仕手株 デイトレ 勝負株 IPO テーマ株 用語集





テクノホライゾン・ホールディングスが買い気配のストップ高。





テクノホライゾン・ホールディングス」が買い気配のストップ高。ストップ高の要因は「オートモーティブワールド2015」に連結子会社の株式会社グラフインが出展するというリリースです。企業のイベントに出展したことが株価材料になるケースが目立ちます。

テクノホライゾン・ホールディングスも同一の投機マネーにより仕掛けられているのでしょうか。投機筋からすれば株価材料は何でも構わないと思うので、これから再びマネーゲームになるのか注目したい。





昨年の8月は100円台から386円まで短期急騰した実績のある銘柄です。時価総額は60億円程度の小型株、浮動株は14.7%と流動株が少なく激しい値動きになりやすい。「続前提に重要事象」だけに機関投資家が売買の対象にしないだけに、投機筋が中心の相場です。











カテゴリー
仕手株
デイトレ
勝負株
IPO
テーマ株
用語集



サブカテゴリー
過去のメジャーSQ値データ
スキャルピングテクニック手法
東証1部 上場企業一覧
東証2部 上場企業一覧
東証マザーズ 上場企業一覧
JASDAQ 上場企業一覧
仕手株(バックナンバー)
デイトレ(バックナンバー)
勝負株(バックナンバー)



                                                                                   仕手株研究所  All rights reserved.